施工事例

メルセデスベンツW215 CL600 並行車のスペアキー製作!

施工前

現在、並行車のスペアキーは入手不可能の為、キーが1本しかない・全てのキーを紛失されたオーナー様は大変お困りになっていたと思います。

今回のW215 CL600は並行車で電子キーが1本しかないため、スペアキーを作る事に致しました。

 


施工中

電子キーの製作は、EZS(キーシリンダー)他、各種コントロールユニットが必要になります。

写真はEZSなどの取り外しを行っているところです。


今回の車両(W215)のスペアキー製作に必要なものは写真にあります各種コントロールユニットになります。

イモビライザー等、すべて電子制御化がされており、かなり複雑な作業で、時間も要しました。


施工後

新しくデータを書き換えたEZS等各種コントロールユニット取り付けて、エンジン始動です。

しばらくアイドリングさせておき、最後にキーの初期セットを行い、完成です。


メインキー、スペアキーが完成しました。
もちろん、ブランクキーも製作致します。

電子キー製作に必要な部品は、大変精密に作られています。取り扱いには十分気を使って作業致します。
場合によってはエンジン始動不良なんて事にもなりかねませんからね。

キーシリンダーが回らない、シフトレバーがPレンジから動かないというトラブルも、EZSの不良などが考えられますから、そのような時は是非当社にご相談下さい。