施工事例

今回はメルセデス・ベンツのW202 C34T AMGのガラス交換の施工事例です。

コーティングや車検と違い、そんな頻繁にある作業ではありませんので、この機会(?・・・・・・お客様申し訳御座いません)に 御紹介しますm(_ _)m

そもそもなぜ割れたかというとお客様が〇〇高速道路を走行中

パキッ!!・・・・・・・

なんだ?・・・・・・・  

(・・? ・・・・・

(゜口゜;)わっ!!  割れてる!!

と、まあそのような事情でガラス交換の御依頼を頂きました。

割れてしまって線が入った傷であった場合はガラスは完全に交換になってしまいます。

 このお客様の場合は車両保険にきちんと加入していた為、保険対応(ガラスの場合は2年据え置きで、等級には影響が出ません。)で交換が可能となりました。
保険って有難いですねm(_ _)m

ではさっそく見てみましょう(^0^)/

by so

施工前

え〜?どこらへん(・・?

運転席のちょっと前あたりです。

拡大しますね。


ど真ん中の白い点みたいなところです。もっと拡大します。


この画像でおわかりでしょうか(・・?

今回の飛び石の傷ですね。(石かどうか分かりませんが・・・・ネジかも知れないけど・・・)




施工中

パカン・・・んとガラスを二人がかりで外します。


パカンとは外さねーよっとツッコまれましたが・・・

by to

パカンの後です。



ガランとしてますね。


モールを傷つけない様にマスキングテープで養生します。

お預かりしている車です。

傷もんには出来ません(・・;

気を遣います・・・当たり前ですが


プライマーをつけてます。

プライマーって・・・・・ (・・?

シーリング材と被着体間の接着性の向上、表面強度の脆弱な被着体の表面の強化・・・・・by to

(・・? (・・? (・・? (・・?(・・?

つまり接着する表面の接着力を向上させる為に用いられるものをプライマーというそうです。

要するに接着剤の接着剤みたいなもんですか?by so

そんなようなもの・・・・かな? by to

とのことです。


申し訳御座いませんm(_ _)m

目を離した隙に新しいガラスが付いていました(T_T)

接着剤が固まるまで固定をしているとこです。


施工後

完成です。

二人ぐらいでヨイショって感じでガラスを持ち上げる写真を撮りたかったのですが申し訳御座いません。

またの機会にアップします。