施工事例

こんばんは イタチでございますm(_ _)m

今回はトヨタ ノア

カラー番号は今旬の(^^; 202

色はブラックです。

黒はね・・・・・(-_-;)  傷が目立つんですよね・・・イタチ号も黒ですが・・・

分かってはいるんですが・・・・・・

カッコイイんですよ(≧∇≦) やめられません(⌒o⌒)

今回のお客様は、リヤやサイドに擦り傷が数多くありました。

原因は様々でしたが(^^; 一部を除いて磨きで綺麗になるレベル
でした。

ということで一部板金でエコ・コートでということになりました。

施工前

入庫時です。最近黒の車で雨染みが付いていた車を多く見ていたせいも

ありますが、今回のお車は比較的綺麗でした。

いつも洗車はどのようにされているのでしょうか?とお尋ねしたところ

スタンドで手洗い洗車をされているそうです。


なるほど(・0・)

それでは確かに拭き残し等は少なくて済むかもしれませんね(・_・)

今回は洗車の部分を多くお伝えしようと思います。

先月末から導入した純水洗車(^0^)/

素晴らしい効果です。


施工中

まずは足回り 高圧洗浄の為ここの水は純水ではないです。

足回りですからここの汚れは水圧の強い水でないと少し厳しいです。

まずはここから洗浄です。


大まかな汚れはここですすぎをしていきます。


屋内に車を入れます。

ここで使っている水はすでに純水です。


ハイさっそくボディーの洗浄です。

以前別のコーティングのところでもお伝えしたかと思いますが

他の業者さんはまだ最後のすすぎにのみ純水を使われているようです。

 社長がすでに実験済みですが(イタチ号で実験されました(^^;)

最初のすすぎから純水を利用するしないでは仕上がりが全然違います。

 確かに純水は通常の水道水の半分を捨ててしまわなければいけませんので経済的とは決して言えないと思いますが、後々雨染みの処理でかかるお金のことを考えると決して高いとは言えないかもしれません。


さて洗車の続きです。

しっつこいくらいすすぎをして砂や埃をとります。

理由は簡単です。ひっついたまま洗車をしますと傷が付くからです。

その後洗剤を泡泡にして洗浄します。

以前にも載せたかも知れませんが・・・・洗顔料も同じですよね?

泡立てている方が汚れがよく落ちます。当社で販売しているスポンジも非常に泡立ちがよく、汚れが綺麗に落ちます。


普段なかなか洗浄されることが無いと思いますがドアの淵の

部分も綺麗にします。


リアゲートの淵や(゚ ▽゚)


給油口(゚ ▽゚)


ボンネットの淵も(≧∇≦)

綺麗にしていきます。


通常の洗車だとここで終わりですが・・・

ここから不純物を除去に入ります。


この作業で本来は洗車終了です。

車が素の状態(・・?

といったところでしょうか?

不純物が完全に除去された状態です。


さて不純物を除去した後、磨きの準備に入ります(^0^)/

ここでは磨きのグルグルがゴム類に当たらない様にすることと

薬剤がガラスに付着しない様に保護しています。


もちろんタイヤも保護します。


磨き開始です。

ここが一番の勝負です(。。;

綺麗になるかどうかはここの作業で決まるといっても過言では
ありません。


ボディの他、細かいところまで丁寧に磨きます。

私はいつも磨きのことをなぜかグルグルという癖があります(^^;

よくエミさんに「グルグルおわった?」

ときくと

グルグル(・・?ってなんですか?

と言われます・・・もう分かってるくせに(>_<)


最終のコーティング剤を塗布します。


もうすぐ終了です。

GLANZ Siに比べますとやや簡易的ですが

これだけでも最初に比べれば大分綺麗になりました(^0^)では・・・・・・


施工後

完成です(^0^)/

いかがでしょうか?艶も光沢も入庫時に比べたら比較にならないくらい

綺麗になりました。実はお引き渡しの日は雨が降っていたため

お客様にはスタジオでお車を確認して頂きました。


お客様にもすごく喜んで頂きました。

イタチも喜んで頂いて、大変嬉しかったです。

またメンテナンス時にお越し頂く日をお待ちしています。

今回はありがとうございました。