施工事例

久々のアップになります。
今回、フェラーリのV8エンジンヘッドカバーをリフレッシュ致しました。

フェラーリのヘッドカバーは、純正で、シボ模様(チヂミ)塗装をしてあり、経年劣化とともに、剥がれたり、汚れたりしてきます。

今回は、剥がれたヘッドカバーを再度、復元したいと思います。

施工前

まず始めにエンジンより取り外した状態です。

部分的に、色が剥がれ落ちています。

V8エンジンのためカバーが左右あります。


色の剥がれや汚れが目立ちます。


施工中

ヘッドカバー表面の色を落としていきます。
 
塗膜を剥離していきます。


塗膜剥離後は、ブラスター処理にて、完全に色や汚れを落としていきます。


下処理後、結晶塗装になります。


結晶塗装になります。

塗装後、高温で焼付けをし、乾燥をいたしました。


施工後

焼付け後、塗装表面が、チヂミ 完成となりました。